ダイオードレーザー脱毛とアレキサンドライトレーザー脱毛の違いとは?

ダイオードレーザー脱毛とアレキサンドライトレーザーでより効果が高いのはどっち?

レーザー脱毛には、「ダイオードレーザー脱毛」と「アレキサンドライトレーザー脱毛」があり、現在ではこの2種類が主流となっています。

 

これから脱毛をする人にとっては、どちらのほうがより安全で、高い効果があるのか、たいへん重要な問題です。

 

それぞれの違いを見ていきましょう。

 

【ダイオードレーザー】
半導体を使用したレーザーで、波長は810ナノメートルです。
日焼けした肌や色素沈着の多いはだに対しても対応できるというメリットがあります。
痛みはそれほどありませんが、針でチクっと刺すような種類の痛みを感じます。

 

【アレキサンドライトレーザー】
アレキサンドライトという宝石を使用したレーザーで、波長は755ナノメートル。
一度に照射できる範囲が広いため、脱毛にかかる時間が短くてすむことがメリットです。
こちらも痛みは少なく、痛みの種類としては輪ゴムで弾いたような種類の痛みになります。

 

どちらの方が効果的かというと、個人によって違うようです。
色素の沈着が気になる方ならダイオードレーザー、脱毛に時間をかけたくない方ならアレキサンドライトレーザーというように、それぞれの要望によって使い分けるのが一番と言えます。