ひげ脱毛を1年程度の期間をかけてやるべき根拠!

ひげ脱毛を1年くらいかけてしっかりやるほうが良い理由

ひげを奇麗にしっかりと脱毛したいなら、なるべくあまり生えてこなくなるほうがいいですよね。

 

そのためにはひげの脱毛を1か月くらい間隔をあけて繰り返すことをおすすめします。

 

その理由は毛周期があるからです。

 

毛周期って何?

 

ひげには生えている次期と休止して休んでいる次期があります。

 

生えている次期に脱毛されたひげはしっかりとした脱毛をすれば生えてこなくなりますが、
休止しているひげは脱毛してもまた活動期になると生えてきます。

 

全てのひげが生えている次期とは限らないので、1度脱毛した場合
3週間ほどおいて休止している次期のひげが生えてくるのを待ってまた脱毛したほうが

 

いいんです。

 

ちなみに1年程度1か月くらいの間隔をあけて計6回のひげ脱毛をしっかり受けると
かなりの頻度でひげを減らすことができます。

 

それが永久脱毛への一番の近道です。

 

短期間で何回も脱毛しようとすると逆に脱毛できていないことに気付きます。

 

たくさんのお金をドブに捨てたことに気付くのです。

 

では、次に簡単に生えてこない脱毛方法として、効果の高い脱毛方法は何かを紹介します。
ひげ脱毛の方法ごとの脱毛深度について

ひげ脱毛を1年程度の期間をかけてやるべき根拠!関連エントリー

ひげ脱毛の方法ごとの脱毛深度について
ひげ脱毛の方法ごとの脱毛の深さについて、どの脱毛方法が深い脱毛ができるのかについて解説していきます。